整形外科と整骨院の違い

整形外科と整骨院の違い

整形外科と整骨院の違い 整形外科と整骨院は同じものだと思ってる人もいますが、実は両者には違いがあります。
まず決定的に異なるところは、整形外科医において治療を行っているのは医者ですが、接骨院で施術を行っているのは医者ではなく柔道整復師であるということです。
医者であるということは、すなわち医療行為ができるということです。
しかし、医者でない柔道整復師は医療行為を行うことはできず、行えることは捻挫と打撲をケアするための施術だけです。
また、柔道整復師の施術は治療と呼ぶことはできず、あくまでも施術と呼ばれます。
なぜなら、治療ができるのは医師免許をもった医者だけだからです。
まずはこうした違いが両者にはあります。
一方、次のような疑問をもつ方もおられるかもしれません。
それは、接骨院では捻挫と打撲の施術しかできないというが、自分は接骨院で脱臼の施術をしてもらったと。
確かに厳密にいえば、柔道整復師が脱臼の施術を行うことができます。
しかしこれは応急の場合のみであって、継続的に脱臼の施術を行うときは、必ず医師の同意を得なければなりません。
また骨折の場合もこれと同じで、応急時には柔道整復師が処置を行うことができますが、通常は医師の同意がなければ施術はできません。

骨折治療の場合

骨折治療の場合 スポーツなどをしていて、怪我をした場合、まずは整形外科で診察してもらうことになりますが、打ち身や脱臼の場合は接骨院で治療を選択する方も多いでしょう。
実は骨折の場合も度合いによっては接骨院で骨折治療を行うことが出来るのをご存知ですか? 接骨院での骨折治療は回復が早いと言われています。
整形外科のように患部を完全に固定してしまうことは医師でないと出来ないのですが、しかしそれ故に毎日湿布を取り替えたり電気をあてることによって患部に近い関節を動かすことが出来るのです。
整形外科では患部を含む周辺の関節もしっかり固定してしまうので、骨はくっつきやすくなりますが、筋肉は使われない状態となり痩せてしまいます。
筋肉は一度痩せてしまうと元に戻すのはとても時間がかかると言われています。
高齢者の場合はそれが原因で転びやすくなってしまったり、寝たきりになる場合もあります。
また若い方でもスポーツをしている方などは一日でも早い復帰を望まれているでしょう。
スムーズにリハビリへ移行するためにも関節や筋肉はなるべく維持しておきたいものです。
接骨院での骨折治療は動かすことで関節が固まったり筋肉が痩せるのを防ぐことが出来るので幅広い方の選択肢のひとつとなるでしょう。

おすすめWEBサイト 8選

豊川のエステサロン
ドローン 空撮
アドミッションポリシー

最終更新日:2017/10/30