整形外科での治療

整形外科での治療

整形外科での治療 肩こりや腰痛に悩まされている時、また、事故での骨折やその他の痛みなど身体の不調を感じた時に、一体どの病院、施設に行けばよいのか分からずに悩まれる方も多くいます。
一見分かりづらいかもしれませんが、実は施設毎に特徴や専門分野がきちんとあるため、よく把握した上で治療に通うようにしましょう。
まず大まかに言えば、身体の症状で痛みを感じた場合には整形外科、もしくは接骨院での治療が望ましいです。
とは言えもちろん、大きな怪我や出血があるような場合には最初に病院で外科治療を受けます。
その後、怪我は治っているにも関わらず痛みが続いている場合や、更なるリハビリが必要だと感じた場合は整形外科や接骨院での治療が有効な場合が非常に多いです。
要するに病院の検査で異常は見つからないにも関わらず、痛み等の身体の不調が続いている場合は整形外科で治療を行うようにしましょう。
検査で異常が見当たらない場合の治療は、病院ではあまり行ってくれません。
それぞれの施設の特徴を把握した上で、うまく使い分けるようにしましょう。

整骨院での治療

整骨院での治療 整骨院と接骨院は呼び方は違いますが、治療内容は同様です。
接骨院や整骨院では柔道整復師が打撲、捻挫などの治療を行なうところです。
医師が治療を行なうものではないため、医療行為ではありません。
接骨院や整骨院での施術は補完医療という位置づけのもので、交通事故によるむち打ちなどの施術が可能になります。
施術を行なう場合には柔道整復師の国家資格が必要になります。
柔道整復師になるためには、養成施設などの学校で整形外科学、リハビリ医学、一般臨床学、生理学など多岐にわたる医療に関する内容を3年間勉強する必要があります。
必須単位を取得した場合に受験資格を得られ、国家試験の柔道整復師に合格すると整骨院を開業することができるのです。
理学療法士やカイロプラクティックとは異なります。
特にカイロプラクティックを行なう整体院は、国家資格などを取得する必要がなく誰でも開業できる代替医療で、交通事故の後遺症で整体院に通うと費用が保険会社から支払われない場合があるため、注意が必要です。

check

高円寺の美容室に行く

2017/8/18 更新