整骨院に通う頻度

整骨院の料金は高いの?腰痛は保険適用される?

整骨院の料金は高いの?腰痛は保険適用される? 高齢化社会に突入した日本。人口全体の4分の1は高齢者に該当するとまで言われていますが、そんな中増えているのが「整骨院」や「接骨院」と呼ばれる治療院。
そこでかかる治療費はいくらなのか?保険は適用できるのか?など説明していきます。
整骨院や接骨院の先生は、医師、俗に言うお医者さんとは違います。免許そのものが違います。
整骨院の先生は、「柔道整復師」という国家資格を持っています。どんな事をするのかというと、簡単に言えば、骨折、脱臼、捻挫、挫傷の治療をします。
柔道整復師は、手術やレントゲンを撮ったりする事ができません。医師や放射線検査技師などの免許がないとできないからです。
ではどうやって治療するのかというと、手で触って中がどうなっているのかを読み取り、骨が折れ曲がっていれば牽引するなどして戻します。
脱臼も同じく外れた関節を手技で治療します。 そこでかかる料金ですが、接骨院に罹る時、例えば背中が痛い、足首を捻挫したなどの場合では、初診料が大体1000~2000円程度。プラス治療費として1000円位です。
固定具を使うなどすればもう少しかかるかもしれませんが、基本的に各種保険が適用できますので、初診だけ多少かかりますがあとは大体1000円以内で収まるでしょう。
腰痛といっても椎間板ヘルニアのように手術を要さなければ保険が適用できるので、値段も大きく変わらないでしょう。

整体で保険は使える?整骨院との違いは?保険適用の症状はこれ

整体で保険は使える?整骨院との違いは?保険適用の症状はこれ 整体は、身体の歪みを改善することを目的とした手技療法の一種で、特に骨盤を正常な状態に整える骨盤矯正という施術を重視しています。
これにより、身体全体のバランスが整えられるので、負担を均等に支えることが可能となります。
なお、整体は統一した組織は存在しておらず、国家資格でもありません。
このために、基本的には誰でも整体師として治療を実施することが可能です。
これに対して、整骨院や接骨院の場合は、柔道整復師という国家資格を保有していなければ治療を行うことは出来ません。
こちらも、整体同様に手技療法により問題を解消するという内容ですが、脱臼や寝違え、ぎっくり腰などの急性の症状を元の状態に回復することを目的としています。
また、接骨院で行われているこれらの症状に対しての治療は、保険適用となるので、費用はそれほど必要ではありません。
これらの点が接骨院と整体との決定的な違いで、利用する場合は充分に理解しておかなくてはなりません。