働いている人が得する事とは?

接骨院にはどんなときに行く?

接骨院にはどんなときに行く? 接骨院にはどんなときにいくところかご存知でしょうか。
接骨院と整骨院は同じことをするところで、柔道整復師という国家資格を持った施術者が、柔道整復術を用いて、骨折や捻挫といった損傷の治療を行います。
マッサージやリラクセーションのためではなく、怪我の治療や体の不調を改善するためにいく治療院なのです。
治療の対象は主に肩こりや頭痛、骨折、腰痛、捻挫や打撲、ぎっくり腰、むちうちなどになります。
骨折・捻挫・打撲・脱臼・挫傷の治療の場合、保険が適用されます。
むちうちなどの交通事故治療の場合は、自賠責保険が適用されます。
骨折した場合は、接骨院ではレントゲン検査やCT検査はできないため、まず整形外科などを受診して骨折の状況を確認する必要があります。
その後整形外科で治療を継続することもできますし、接骨院に転院することもできます。
また最近は小顔矯正を施術メニューに取り入れているところもあります。
これは骨格の歪みを取り、代謝を向上させ循環を促すことでむくみをとり、小顔効果を得られるというものです。

接骨院とほねつぎの違いとは

接骨院とほねつぎの違いとは 接骨院とほねつぎは、近年はほぼ同じ意味として扱われることが多いですが、本来はこれら2つは異なる語であり、使用する際には区別する必要があります。
ほねつぎは、折れた骨や外れた関節をもとに戻す施術そのもの、あるいはその施術をする人のことを指し、現代では施術そのものは柔道整復術と呼ばれ、この施術法で患者の治療を行うことを仕事としている人のことを柔道整復師と呼びます。
そして、その柔道整復師が運営している施設の名称として用いられているのが、接骨院と整骨院です。
接骨院を正式に開業するためには、開業地が管轄区域となっている保健所に届出を行い、査察を受けなければなりませんが、この届出の際に必要となっているのが柔道整復師の免許証です。
したがって、開業するためには柔道整復師の資格を取得し、ほねつぎとして他人に対して施術を行える立場になる必要があります。
柔道整復師の免許は養成施設に入って一定期間勉強し、卒業試験にあたる認定実技審査をパスし、その後に実施される国家試験に合格すれば、取得可能になります。

Valuable information

2017/11/16 更新