働いている人が得する事とは?

接骨院で働いている人が得する事とは?

接骨院で働いている人が得する事とは? 接骨院で働いていると、交通事故やスポーツ外傷の辛い後遺症の相談を受けます。
接骨院では、むちうちなどの後遺症の原因である骨格や関節のズレ・歪みにアプローチして取り除く骨格矯正の整体施術をしています。
骨格矯正の整体ではむちうち後遺症などの根本原因を取り除くので、単なる腰痛マッサージのリラクゼーションや病院の湿布とは異なり治療後に症状のリバウンドがなく改善されます。
今までにいろいろな治療院や病院に長く通ったけれどむちうち症の辛い痛みが改善されかなったという方が接骨院に転院や並行して通院するケースは多く、骨格矯正の整体で長年の後遺症の症状が根本改善されたという方がたくさんいます。
またデスクワークの姿勢などが元で発生した骨格や関節のズレ・歪み由来のさまざまな症状に悩む方も、骨格矯正の整体施術を受けることで肩こり・腰痛・めまい・不眠やうつといったいろいろな不調がぶり返しなく改善されます。
こういった長年の悩みが解決したと患者さんに感謝されるのは、接骨院で働いている人が得する点と言えます。

接骨院で働いている人はどの位いるのか

接骨院で働いている人はどの位いるのか 皆さんは、全国に接骨院がどの位の件数だけ存在しているのかご存知でしょうか。
やや古いデータではありますが、平成27年度に厚生労働省から発表されたデータによると、平成26年時点で全国に45,000か所以上の接骨院あるいは整骨院があるということです。
ちなみに件数が最も多い都道府県は、順番に大阪府、東京都、埼玉県、神奈川県となっています。
さらに同年の報告で、柔道整復師と呼ばれる国家資格を持つのは約63000人という報告もされています。
こちらもその資格者の多い都道府県は、東京都、大阪府、神奈川県、埼玉県という順番になっています。
事業所と資格者が先に述べたような件数、人数となっているので、接骨院で働いている方はそれ相応の数と考えることができるでしょう。
どの位の人数が接骨院で働いているのか正確にはわかりませんが、少なくとも45,000人から63,000人くらいの人数は働いているのではないかと推測されます。